住まい買い替えの流れ - 住み替えは、まずはプロにご相談を!!

住まい買い替えの流れは、「売却先行」「購入先行」の二つに分類されます。「ご売却」と「ご購入」のタイミングが資金計画に大きな影響を与えます。

不動産の買い替えは「計画」と「タイミング」が大事です。
タイミングよく新規住宅の購入の時期と、お持ちの不動産の売却の時期が合えば、スムーズにリスクもなく 進むのですが、実際はなかなか思い通りにはいかないようです。
「売却先行」「購入先行」のどちらにするかは最初のご相談の際にお客様の状況から決めていきましょう。


ご売却先行の場合 - 住宅ローンの残債が多い方も安心

ご売却先行の場合

売却したい不動産が、換金性に乏しく、売却に要する時間が予測しにくい不動産の場合は「売却先行」の計画を立てられることをお勧めいたします。
この売却時間の予測が重要なカギになります。購入物件の資金計画を安全に立てやすいことがメリットです。

お持ちの不動産を売却した代金を、ご購入資金へ充てる計画が明確にできるので、資金計画を明確に立てることができます。


購入物件の資金計画が立てやすいので、住宅ローンの残高が多い方でも安心です。
購入物件がうまくみつからない場合には、2度の引越の手間と費用、仮住まい期間長期化の費用が増すなどの デメリットもあります。が、「購入先行」よりは安全に住み替えを行えるでしょう。
当社は、ご売却物件を様々な角度から調査し、適正な価格でご提案。売り出しのタイミングや、 幅広いネットワークを活用した購入希望者へのアプローチなど、できる限りのお手伝いをさせていただきます。

不動産売却先行の場合
ご購入の流れ

ご相談
ご購入のための資金計画

ご自宅がいくら位で売却できるか、見当をつけてご購入の資金計画をたてましょう。

ご購入物件のご紹介
(現地見学)

予算内で最もご希望条件に合う物件をお探しします。

ご購入物件のしぼり込み

ご売却が確定したら、ご購入の物件をしぼり込みましょう。
ご購入物件が決まらない場合やお引渡し日が合わない場合、仮住まいの準備が必要になります。

契約条件の調整

ご売却物件の引渡しとご購入物件の引渡し時期をご確認してご検討ください。

ご売却の流れ
ご売却物件の価格ご提案

ご自宅がいくら位で売却できるか、見当をつけてご購入の資金計画をたてましょう。

媒介契約の締結
売却活動の開始

状況を見ながら、必要があれば売り出し価格の見直しをしましょう。

購入希望者が見つかったら
契約条件の調整

引渡し日や売買代金の受け取り方法など、具体的な条件を調整していきます。

売買契約

売却金額と諸条件が整ったら契約を結びます。

ローンの手続き
残金の準備

ご売却代金のお受け取り、ご購入代金のお支払いなど、資金の流れを確認しましょう。

残金のお支払いと物件のお引渡し

できるだけ時間をあけないのが理想です。

お引越し

ご購入先行の場合 - 買い替え物件をじっくり探すならこちら

ご購入先行の場合

売却したい不動産が、換金性が高く、短期で売却できる不動産であれば、購入先行が望ましいです。
ご希望の条件にあった物件をじっくりと探した後に引っ越すことができます。

ご希望条件の物件をじっくり探すことができます。お持ちの不動産についても同時にご相談ください。売却のめどがたちやすい場合はお勧めです。


希望の新居をじっくりこだわって探せるのがメリットです。 購入物件をきめてからお持ちの物件を売却するので、予定通りに売却できないと、二重にローンを払うこともあります。
売却物件の価格や時期がわからないまま購入物件を探すので、資金計画をはっきり立てづらいデメリットがあります。

不動産購入先行の場合
ご購入の流れ
ご相談
ご購入のための資金計画

ご自宅がいくら位で売却できるか、見当をつけてご購入の資金計画をたてましょう。

ご購入物件のご紹介
(現地見学)

予算内で最もご希望条件に合う物件をお探しします。

ご購入物件のしぼり込み

ご売却が確定したら、ご購入の物件をしぼり込みましょう。
ご購入物件が決まらない場合やお引渡し日が合わない場合、仮住まいの準備が必要になります。

契約条件の調整

ご売却物件の引渡しとご購入物件の引渡し時期をご確認してご検討ください。

ご売却物件の価格ご提案

ご自宅がいくら位で売却できるか、見当をつけてご購入の資金計画をたてましょう。

媒介契約の締結
売却活動の開始

状況を見ながら、必要があれば売り出し価格の見直しをしましょう。

購入希望者が見つかったら
契約条件の調整

引渡し日や売買代金の受け取り方法など、具体的な条件を調整していきます。

ご売却の流れ
売買契約

売却金額と諸条件が整ったら契約を結びます。

ローンの手続き
残金の準備

ご売却代金のお受け取り、ご購入代金のお支払いなど、資金の流れを確認しましょう。

残金のお支払いと物件のお引渡し

できるだけ時間をあけないのが理想です。

お引越し

買い替えのタイミングについて

買い替えのタイミングについて

お住まいの買い替えをなさる場合、「ご売却」「ご購入」のタイミングが資金計画に大きな影響を与えます。「売却先行」「購入先行」での「メリット」「デメリット」を比較してみましょう。

「売却先行」「購入先行」、両者のメリット、デメリットを理解しましょう。 当社では、お客様の状況を判断の上、最適な買い換えのスケジュールをご提案いたします。


無理のないプランニングでスムーズな買い替えを。
「売却を先行」するにしても「購入を先行」するにしても、相手のあることですから、何から何まで思い通りにいくというのは難しいものです。 できるだけ無理がなく金銭的にも精神的にもあまり負担がかからないように「ゆとり」を持ったプランを立てることが大切です。
「ご売却」と「ご購入」をひとつの不動産業者に依頼することも、不安要素を取り除くことにつながります。
豊富な実績と経験を持つシンシナ不動産のスタッフは、そんなお客様のよりよい買い替えのために、 的確なアドバイスと心のこもったお手伝いをさせていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

ご売却先行の場合
メリット

売却金額が決まり、購入資金にあてられる金額が確定するので、ご購入物件の資金計画が立てやすい。 安全に住み替えを進めることができます。売却をあせらないため、価格やその他条件面である程度余裕をもてます。

デメリット

ご購入の物件がなかなか決まらないと、仮住まいをしなければなりません。引越しが2度になると手間と時間もかさみます。
買い急いで、購入物件の条件を妥協することもあります。

ご購入先行の場合
メリット

ご希望の条件にあった物件を、じっくりと探すことができる。
仮住まいなど無駄な費用がかからないので、引越しがスムーズ。

デメリット

お持ちの不動産の売却時期や価格が未定のため、資金計画が立てづらい。
売却に時間がかかると、二重ローンになります。

疑問不安の解消はまずはプロご相談を

シンシナ不動産株式会社では、買い替えについての無料の相談を、行っています。一都三県のエリアなら、近くのファミリーレストランや喫茶店などの、ご希望の場所で、無料相談できます。30分~1時間という短い時間ですので、会社のお昼休みなどにもご利用ください。 現在キャンペーンを実施中です。無料相談会に参加されたお客様全員に、3000~5000円のグルメカードをプレゼントしています。
買い替えの無料相談はこちらから。まずはプロにご相談ください。